婦人科

すべての女性の生涯を通しての「family doctor」として

思春期や更年期の体のこと、月経のこと、心のこと、何か不安や心配がありましたら、なんでもご相談ください。
安心安全な医療と笑顔で、スタッフ一同、地域の女性の健康を支え、「family doctor」として、ともに考え、サポートさせていただきます。

婦人科(相談・診察)

・思春期 無月経・月経不順・月経痛月経前緊張症など
・更年期 更年期障害相談 、ホルモン補充療法(HRT・その他)
・貧血 ・不妊症 ・避妊相談(ピル、リング、緊急避妊・その他)

婦人科検診

・ブライダルチェック ・子宮ガン検診 ・骨密度検査

婦人科手術

・母体保護法手術 ・婦人科手術

女性ホルモンとカラダとの関係

女性の体は、女性ホルモンに支配されています。
また、一定の長期的・短期的リズムをもって生活を営んでいて、そのリズムを理解し生活することが大事です。
短期的なリズムとして知られているのが"月経周期"。
長期的なリズムは、数年~数十年単位のもので、大きく5つの時期(ステージ)に分けることができます。※図1
女性ホルモン(エストロゲン)の変化が大きい年齢は17~22歳、40~45歳、50歳前後。
また、女性らしい体つきや妊娠や出産に適した環境をつくるなどの働きもあることから、「健康で美しい女性」「産める体づくり」には必要不可欠なホルモンとなります。
女性に必要なエストロゲンは、加齢に伴い減少し、様々な病態をきたすだけではなく、老化にも大きく関係していることが明らかになっています。※図2
今ままでと違う体調の変化を感じ、辛い時には、我慢せずに、早めに婦人科を受診しましょう。

※エストロゲンとは、主に卵胞から分泌されるホルモンで、子宮内膜の増殖、乳腺の発達、皮膚に張りや潤いを持たせる、骨からのカルシウム流失を防ぐ、コレステロールを下げる、血液凝固能を亢進させるなど、多くの生理作用があることが知られています。

※図1 女性の一生とホルモンの変化

※図2 エストロゲン欠乏にともない出現する各種疾患・病態

(日本産科婦人科学会生殖・内分泌委員会:日本産科婦人科学会誌52;N194-N198,2000)

美容について

全ての年代の女性に、いつまでも女性らしく美しさに前向きでいていただきたい。
そんな願いを込めて、当院では各種医療薬品や、安心で良質なドクターズサプリメントをご提供し、美肌や美白、アンチエイジングなど美容のご相談に応じています。
その他、妊娠中・産後は通常の約1.5倍のビタミン摂取が必要とされ、お肌のトラブルが出やすい時期です。産後の肌荒れが気になる女性には美肌ビタミンセットをお勧めしています。

ドクターズサプリメントについて

〒285-0837千葉県佐倉市王子台3-16-1